ホーム >会社情報インデックス >沿革

沿革
浜松光電の歴史は、センサー技術の歩みそのもの。実績と信頼をステップボードに、これからも次代のニーズに応じた電子技術の最前線を駆け続けます。
1967年04月 浜松ホトニクス株式会社の関連会社として設立
浅田工場(浜松市南浅田)で可視光導電素子の製造を開始
1974年02月 天竜工場(浜松市青屋町)開設
1974年12月 資本金を1,000万円に増資
1974年度 反応性スパッタリングによる、紫外線検出器の開発研究(通産省研究補助)
1978年03月 竜洋工場(磐田郡竜洋町宮本)開設
1978年08月 資本金を2,200万円に増資
1979年度 DIP型フォトカプラーの研究(通産省研究補助)
光導電半導体のプリント製法研究(静岡県研究補助)
1980年01月 1光導電体層の形成法で、特許取得
1980年03月 竜洋2棟を建設し、シリコンフォトダイオードの製造開始
1980年04月 ハイブリッドICの製造開始
1980年08月 資本金を3,500万円に増資
1981年度 アモルファスシリコン光導電素子の研究(通産省研究補助)
DIP型ゼロクロス内蔵ソリッドステートリレーの開発研究(静岡県研究補助金)
1984年04月 竜洋工場敷地内に本社社屋完成移転(磐田郡竜洋町宮本)
資本金を5,800万円に増資
1984年05月 竜洋3棟完成
1984年度 アモルファスシリコンフォトダイオードアレーの開発(通産省研究補助)
1985年07月 東京事務所開設
1985年12月 天竜工場を閉鎖して、竜洋本社工場に統合
1985年10月 強磁性薄膜抵抗素子の製造開始
1988年08月 水位センサの製造開始
1991年07月 従業員持株会創立
1991年09月 資本金を7,950万円に増資
1992年05月 福田工場(磐田郡福田町福田)開設
1995年01月 竜洋2棟連結新工場完成
1998年02月 ISO9001認証取得
1998年03月 半導体圧力センサの製造開始
1999年11月 竜洋4棟・5棟完成
1999年12月 浅田工場を閉鎖して、竜洋本社工場に統合
2002年06月 関連会社として、浜松光電香港有限公司設立
深センの協力会社にて製造開始
2003年12月 ISO14001認証取得
2005年04月 市町村合併により、本社及び福田工場住所変更
(本社工場:磐田市宮本249-9、福田工場:磐田市福田5498)
2006年10月 可視光導電素子を生産終了
2008年04月 本社工場にて新1棟が完成・製造開始
2008年04月 福田工場を閉鎖して、本社工場に統合
2008年07月 深センから東莞に工場を移転
2012年03月 クリーンルーム増設
2012年09月 浜松光電香港有限公司 解散
2017年05月 本社工場にて6棟が完成・製造開始
会社概要 マネジメントシステム ACCESS
OEM|開発生産